ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 沿革
ここから本文です。

沿革

NECグループのリチウムイオン電池の歴史

年表

1990年 Moli Energy (1990) Limited設立 [NEC、三井物産、ユアサコーポレーションの合弁。ノートパソコン用円筒型リチウムイオン電池の開発・生産]
1994年 日本モリエナジー(株)設立 [NECと三井物産の合弁。携帯機器用小型(角型)電池の開発・生産]
1996年 世界で初めてマンガン系正極のリチウムイオン電池を開発
1998年 日本モリエナジー(株)をNECモリエナジー(株)に、Moli Energy (1990) LimitedをNEC Moli Energy (Canada) Limitedと改称。NECの出資比率上昇
2000年 NECモバイルエナジー(株)設立。NEC100%出資に
2000年 ラミネートタイプのリチウムイオン電池を電動アシスト自転車向けに開発
2002年 NECラミリオンエナジー(株)設立 [NECと富士重工の合弁。自動車用リチウムイオン電池の企画・開発]
2002年 リチウムイオン電池事業をNECトーキン(株)に移管
2007年 オートモーティブエナジーサプライ(株)設立 [日産自動車、NEC、NECトーキンの合弁。リチウムイオン電池の企画]
2008年 オートモーティブエナジーサプライ(株)、NECラミリオンエナジー(株)の資産・人員を受け入れ、事業会社に
2010年4月1日 NECエナジーデバイス(株)、NECトーキンの大容量ラミネートリチウムイオン二次電池事業を承継し新設分割により誕生
佐藤 護が代表取締役社長に就任
2010年7月 量産用自動車向け電極(国内向け)の出荷開始
2012年7月 量産用自動車向け電極(海外向け)の出荷開始
2012年8月 小型蓄電システムの出荷開始
2013年6月19日 澤村 治道が代表取締役社長に就任

ページの先頭へ戻る